【TinyUnity】新時代到来?ProjectTiny0.20がリリースされました!

祝!3D対応!DOTSワークフロー対応!

もう今年はProjectTinyのアップデートは無いのかな~なんて思っていた矢先、なんの前触れも無く公開されたProjectTiny0.20。

前回バージョンは0.16だったので、一気に0.4もバージョンが上がりました。

何よりも、 まだまだ未対応な部分は多いけれど DOTSワークフローに対応したことが大きいんですよね。

細かい話をしちゃうと長くなりすぎるので、それはまた別の記事で。

というわけで、今回は、そんな大幅アップデートが行われたProjectTiny0.20を紹介します。

今回から出来るようになったこと出来なくなったこと

ProjectTiny0.20から一気に変化がありました。

ざっくりとですが、出来るようになったことと出来なくなったことをリストアップします。

出来るようになったこと

  • 3Dゲームが作れるようになった
  • iOS、Android、Windows、Mac向けビルドに対応

出来なくなったこと

  • 2Dゲームが作れなくなった
  • UIとして扱われるコンポーネントが無くなった

リストアップすると正直全然変化がないように感じますが、

2Dゲームしか作れなかったのに、逆に3Dゲームしか作れなくなった

という一点が破壊的と言っていいほどの大きな変更点です。

全体的な機能対応表は以下になります

対応プラットフォームWindows、Mac、Android、iOS
3Dグラフィック特殊な軽量レンダラーで実装
2Dグラフィック現在非対応、今後提供予定
インプットUnity.Tiny.Inputを介して利用可能
オーディオ Unity.Tiny.Audioを介して利用可能
アニメーション現在非対応、今後提供予定
物理 Unity.Physics が動く…はずなのですが、現在FixedTimeが実装されていないため、正常動作が期待できません。
今後正常に動作する用になる予定です。
JobSystem完全対応しています
Burst部分的にサポートされてはいますが、Jobのバーストコンパイル等の完全なサポートは今後のアップデートで提供予定です。
現状でもリリースビルドに対してのみ、Burstが機能します。

実際どんな感じで動くの?

公式から技術デモとして「TinyRacing」がプレイアブル公開されています。

プリローダーの都合上、Chromeでは正常にロードができないことがあります。

FireFoxで試すのがおすすめです。

TinyRacing

http://www.tiny.vision/TinyRacing/TinyRacing.html

このプロジェクトは、 各種エンジニアが解析を出来るように GitHubにて公開されています。

現行のProjectTinyの機能の実装サンプルとしての役目を持っているため、 入力受付の方法や、単純なAIの実装、衝突の処理、現在実装されていないUIの代用実装法など、現在のバージョンを利用するにあたって必要な知識が詰め込まれています。

そのため、現行版ProjectTinyを利用してみたいという人は、このサンプルプロジェクトを解析するところから始めると良いでしょう。

Project Tiny Samples

https://github.com/Unity-Technologies/ProjectTinySamples

後日、このサンプルプロジェクトを解析する記事を執筆予定です。ご期待ください。

ドキュメント

実際にUnityで動かすための手順等はドキュメントにまとめられて公開されています。

勿論、全文英語なので翻訳ツール通すなり、辞書とバディを組むなりして読みましょう!

DOTS Runtime & Project Tiny: Getting Started

https://docs.google.com/document/d/1A8hen2hLFY5FLkC5gd3JP2Z-IpHfnAX-CpYLK3aOdwA/edit#heading=h.t3f9xcc1c6y7

まとめ

過去バージョンまではどうにも安定していない印象のあったProjectTinyですが、今回のアップデートである程度、設計方針が固まった印象を受けました。

今後、今回のバージョンアップのようなレベルの破壊的な変更はもう無い!….とは言い切れませんが、可能性は低くなったと思います。

今まで興味はあったけど、中々触り始めるタイミングが掴めなかった、という方も、今回のアップデートを皮切りに、トライし始めても良いかと思います。

ProjectTinyはその特性上、ECS(Entity Component System)の知識が必要不可欠になりますが、そのECSの知識は、ノーマルのUnityでも十分活用できる知識ですので、これを機会にECSも学び始めると良いかもしれません。

今後もProjectTinyに関する記事やチュートリアルを更新予定ですので、ご期待ください。

質問等ありましたら、私のTwitterにリプライを飛ばしていただければ対応いたします。

参考ページ

Project Tiny Fall update “Tiny Racing” preview.3 – 020.0 is available

https://forum.unity.com/threads/project-tiny-fall-update-tiny-racing-preview-3-020-0-is-available.792999/